×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

税金 対策

税金対策記事一覧

「税金対策」とは?

あなたは「税金対策」を行っていますか?「税金対策」とは、法を順守したうえで、税金を過剰に払わなくて済むように、税金に関する知識を身に付け、納める税金をできるだけ少なくできるように行動し、しっかりと対策を立てることです。ところが、税金対策は、悪意を込めた行動をしたり、法律に反した行いをしたりすると、脱...

≫続きを読む

税金対策に取り組む前に

余分な税金を支払わないように、税金対策に興味のある人も多いでしょう。でもその前に、まずは「税金」について、しっかりと理解を深めることが大切です。「税金」と聞くと“高い”や“取られる”といった、あまり良くないイメージがあるかもしれません。しかし、私たちの生活は、私たちが納める税金や企業が納める税金など...

≫続きを読む

「税金」の役割

税金対策を行う前に、しっかりと「税金」のことについて知っておく必要があります。それでは、税金の役割について説明します。税金の主な役割として、国や地方自治体の経費調達がありますが、それ以外にも次のような役割があります。1、税を支払う能力は、全ての人が同じとは限りません。資産や所得などの負担能力のある人...

≫続きを読む

税金対策の方法

税金対策を行う方法は、大きく2種類に分けられます。1つは、支払う税金を少なくできる税金対策で、もう1つが、税金の支払いを遅くする税金対策の2つです。1つ目のように、コストを余計にかけずに税金の支払いを少なくすることができれば、それはとても効果的な税金対策と言えるでしょう。一方、2つ目のように、当期分...

≫続きを読む

「税務調査」について

税金対策とは、納税額を税法の範囲内で最小にすることです。ところが、同じように納税額を減らすために道を逸れた行いをする「脱税」は、犯罪行為となります。国民は納税義務があり、税務当局は「質問検査権」の行使をして、「税務調査」を行います。そして、納税者は「受忍義務」があるので、税務調査に応じなければならず...

≫続きを読む

税務調査の「任意調査」について

税金対策を行っていると、税務調査が心配になる方も多いようです。税金対策のためにも、税務調査はどのような方法で実施されるか把握しておきましょう。税務調査には「強制調査」と「任意調査」があり、任意調査には「準備調査」と「実地調査」があります。そして、実地調査には、「一般調査」、「現況調査」、「反面調査」...

≫続きを読む

住民税の税金対策

住民税を、少しでも減らす方法を考えてみましょう。ここで焦点を当てるのは、住民税の「配偶者控除」と「扶養控除」についての税金対策です。所得税と同じように、住民税にも「配偶者控除」という控除があります。配偶者控除は、配偶者に収入がないことが前提となっていますが、少々仕事をしていても、配偶者が年収103万...

≫続きを読む

パートの税金対策

税金対策は、それぞれの税金について細かく行うことが大切です。それでは、「パート」の税金対策について取り上げるので、パート勤務の人はこれを参考にして、正しい方法で税金対策に取り組みましょう。パートの税金対策の基本は、パートを行っている本人の所得税と、配偶者として配偶者控除について考えることです。いずれ...

≫続きを読む

自動車の税金対策

自動車の税金対策について紹介します。これから自動車を購入する予定の人や、できるだけ自動車税を安くしたい人は、ぜひ参考にしてください。自動車に関する税金の種類は、とてもたくさんあります。自動車を取得した際は、「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「消費税」「地方消費税」がかかります。自動車を所有...

≫続きを読む

相続税と贈与税で税金対策

相続税と贈与税の税金対策のポイントや、結婚や離婚の時期について紹介します。相続税は基礎控除が大きいため、相続税の納税義務者となることはほとんどないでしょう。でも、納税が発生した際は、多くの場合、巨額の納税額となり、現金預金が相続財産の中に乏しい場合は、納税が難しくなることもあります。相続税のポイント...

≫続きを読む

売上の税金対策

売上、仕入、在庫といった、商売の基本から、税金対策することが大切です。売上関連は、税務調査でも一番初めに着手されることから、まさに会社の“生命線”と言えるでしょう。いかにこの売上を最大にして利益を上げるかということに、日夜経営者は努力を重ねているでしょうが、その一方で、税金をいかに少なくできるかにつ...

≫続きを読む

「売上割戻し」の活用

「売上割戻し」による税金対策を紹介します。得意先に多額の取引が一定期間にあった場合、売上代金の一部を割戻しすることで、会社の経費となります。計上時期は得意先と交わした契約の内容によって変わりますし、現金での支給以外では交際費とされてしまうこともあります。売上割戻しに関する税金対策のポイントは、次の2...

≫続きを読む

在庫で税金対策(1)

「在庫」とは、仕入れた商品や製造した製品などの中で、期末まで売れ残ったものです。在庫は、税務調査の対象に必ずなると言って良いでしょう。在庫は「内部管理項目」なので、経営者の利己的な考えが介入しやすく、課税当局は調査を徹底的に行います。売上原価の算出は、「期首在庫+当期仕入高−期末在庫」で行いますが、...

≫続きを読む

在庫で税金対策(2)

棚卸資産を購入した場合、その取得価額は「購入代金+購入諸費用+付随費用」となります。「購入代金」とは、購入先へ支払った代金で、「購入諸費用」とは、購入手数料や引取運賃、荷役費、関税などが含まれます。「付随費用」とは、直接販売のために要した費用で、買入事務や検収、手入れ、整理などがあります。この付随費...

≫続きを読む

交際費で税金対策

交際費による税金対策について紹介します。「交際費は経費として認められない」と思っていませんか?支出方法によっては、交際費でも全額経費となり、税金対策になるのです。税法上、交際費とは、交際費や接待費、機密費などの費用で、法人が得意先や仕入先といった関係者などに対する接待や贈答、慰安など、これらの行為に...

≫続きを読む

「交際費の5,000円基準」について

平成18年度の税制改正で、1人当たりの飲食費が5,000円以下の場合は、一定の要件のもと、全額費用となり、交際費にしなくても良いことになりました。これは、資本金1億円以下の法人はもちろんのこと、1億円を超える会社や、上場企業も対象となります。1億円を超える資本金の法人は、それまで支出交際費は全額費用...

≫続きを読む

「5,000円基準」のポイント

「交際費の5,000円基準」を上手に活用して、税金対策をするためのポイントを紹介します。5,000円基準を活用することで、交際費を全額費用として扱うことができます。1人当たりの飲食費を5,000円以下にして、税金対策に活かすためには、注意すべきポイントがいくつかあります。次のことを確認しましょう。1...

≫続きを読む

交際費とさせないためのポイント

法人が自ら交際費勘定としているものは、税務調査では、内容が不明朗なものを除いて、調査官はあえて詳しく追求することはありません。調査官が目を光らせているのは、交際費勘定にしていない、別の勘定科目についてで、交際費課税の対象となるものがないかということです。そこで、中小企業で見られる関連科目との注意点を...

≫続きを読む

商品券のメリット

会社の忘年会や新年会の景品に商品券やギフト券を用いると、税金対策の効果があります。商品券は、お客様向けのキャンペーン企画や懸賞、取引先へ贈るお中元やお歳暮などにとても喜ばれます。特に食品ならば、現物と違って、受け取ってから賞味期限や消費期限を気にして、早く食べないといけないと、お客様を急がせることも...

≫続きを読む

FXと宝くじの税金対策

FX(外国為替証拠金取引)で儲けたときや、宝くじが大当たりしたときの税金対策について説明します。「FX」の税金対策・・・FXで税金を納めなければならない人は、1月1日〜12月31日の間に、「為替売買益+スワップ金利」で利益を20万円以上出した人だけです。原則として、20万円以下の人は、税金を納める必...

≫続きを読む

医療費控除で税金対策

「医療費控除」の税金対策について説明します。「医療費控除」と言っても、実際に確定申告をして医療費控除を受けた方は、あまりいないかもしれません。内容もわからずに、また還付はどれくらいなのか知らないことにはできないでしょう。それでは、医療費控除のポイントを絞って説明していくので、税金対策に役立ててくださ...

≫続きを読む

「雑損控除」で税金対策

「雑損控除」による税金対策について紹介します。台風や地震による被害や、豪雪地域の雪下ろしにかかる費用が対象となる「雑損控除」をご存知ですか?雑損控除とは、災害や盗難などで5万円以上の被害にあった時に受けられます。災害や盗難などの被害額から5万円を引いた額を、所得から引くことができ、税金対策になるので...

≫続きを読む

「老年者控除」の廃止

税金対策の対象として「老年者控除」がありました。「老年者控除」とは、高齢の納税者が受けられる所得控除のことです。この場合、高齢者とは“65歳以上”の人が対象となります。老年者控除の対象になるには、所得金額が合計1,000万円以下であることが条件となります。老年者控除の条件となる合計所得額には、株式売...

≫続きを読む

「寄付金控除」とは?

「税金対策のために“寄付”を行う」というのはおかしな話ですが、寄付をすることで「寄付金控除」を受けることができます。「寄付金控除」とは、簡単に言うと、国や地方公共団体などに個人が寄付をした場合に、一定の金額が所得から寄付金控除として控除される制度です。次の「特定寄付金」の支払額の一部が、所得控除とし...

≫続きを読む

「障害者控除」とは?

家族の中で、だれかが障害者となったときに、「障害者控除」を受けることが可能になり、これも1つの税金対策になります。「障害者控除」とは、納税者本人や配偶者、または、扶養家族が障害者となった際に所得控除される制度のことです。また、配偶者や扶養親族が障害者であって、生計が納税者と同じでない場合でも、障害者...

≫続きを読む

「住宅ローン控除」で税金対策

最近では、「住宅ローン控除」を謳い文句として、新築を薦める住宅関連の会社が多いようです。正式には、「住宅借入金等特別税額控除」と言うもので、「なくなるなくなる・・・」と言われながらも、残っている制度の1つです。景気の悪い今では、経済の活性化のために、なくせない制度と言えるので、今ぜひ税金対策に役立て...

≫続きを読む

離婚・死別に関する税金対策

離婚したり死別したりした場合の税金対策について紹介します。妻や子どもを養ってきたサラリーマンが離婚をした場合、税金は高くなってしまいます。これは、一気に「配偶者控除」と「扶養控除」がなくなるので、仕方がないことです。ところが、子どもを養育している父親は、扶養控除だけでなく「寡夫控除」も受けられるケー...

≫続きを読む

「地震保険」で税金対策

「地震保険」による税金対策について紹介します。家を建てたら、「火災保険に入っておけば安心だ!」と思っている人も多いかもしれません。しかし、火災保険は“万能”とは言えません。なぜなら、普通の火災保険に加入すると、地震に起因する火災については補償されないからです。また、地震に限らず、天災に起因するものは...

≫続きを読む

「勤労学生控除」で税金対策

「勤労学生控除」は、働いている学生が納税者で、一定以下の所得である場合に受けられる所得控除です。また、勤労学生控除を受けられる学生のことを「勤労学生」と呼ばれています。税金対策のために、確認しておきましょう。勤労学生控除を受けられる条件は、一定以上の学校に通う学生で、学生が自ら労働をして所得を得てお...

≫続きを読む

社宅で税金対策

企業の役員や経営者の中で、これから、自宅を建てようと検討しているのなら、個人所有ではなくて、会社の“社宅”として取得することにより、税金対策を行うことができます。自宅を社宅として建てることによって、事業税や法人税、住民税、相続税にとって大きな税金対策になるためです。建物や土地を会社の資産の一部として...

≫続きを読む